Becky's Cafe

Becky カフェにようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
意外や、じょつお君、まったく縫い目を気にしませんが、傷口の保護にと母のTシャツを着せています。いままで服を着せたことなどありませんが、逆らわず素直に着用しています。自分が何をすべきか分かってるんでしょうねぇ~。
サラ母さんに腹巻包帯オベベという優れものの作り方ページを教えてもらいましたが、ずぼらでお気楽な母はTシャツで済ませるつもりです。

大女将が脂肪腫を取ったときもそうでしたが、内に溜まる水を抜く為に、傷の一部をくっつかないようにしています。水が溜まらなくなって傷を広げなくなったらすぐに付きますから心配要りません。

ほかに気になることがあるからか、痛みに強いからか(あるいは鈍感なのか)、普段とちっとも変わらない生活態度で、食欲で、排泄物です。今週は散歩も控えめにして(遠出はもちろんお預け)、回復に努めます。食事前に自分だけ、抗生物質を飲むために少しの牛乳を貰う特権が嬉しいようです。

↓ほら、ちっとも病人に見えないでしょ?



スポンサーサイト
Trackback [x]
Comment:6
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
いけずぅ~
すぐに教えないと言われるとますます気になります。
Andyママさんの「いけず」(大阪弁)・・・
ま、いいや。どっちにしてもイイコトだろうから(笑)
カワイイ証拠写真待ってますね。
2006/10/27(金) 05:39:49 | URL | nanomai #-[ 編集]
まだ教えてあげませ~ん
ムフフフ。 
な~んて不敵なやつだとお思いでしょうねぇ。 でも、そう簡単には、言えませんのよ。
待っててちょう~! いつか、どこかにひっそりと種明かししますです、ハイ。
2006/10/25(水) 21:55:36 | URL | Andy mama #-[ 編集]
モニカちゃん
ベルママさんとこや、チャコナツさんとこでみたレバー三兄弟の写真ではモニカちゃんが一番Emmaに似ていました。がっしり体型大歓迎です~。

おそろしくそっくりなところ・・・チャームポイントの「スコート」かしら?
それともそれとも「タイジュウ」かしら?
2006/10/24(火) 19:12:34 | URL | nanomai #kSi.wH62[ 編集]
どうもありがとう!
nanomaiさま、どうもありがとうございます。 勉強になりました。 これからも足腰の丈夫な限りフラットと暮らしてゆきたい考えているので、どんなことでも知識として得ていこうと思ってます。
ご迷惑でなければ、これからも宜しくお願いしちゃいます。 
そうそうエマちゃんの妹になるモニカですが、どうもエマちゃん似のガッシリちゃんになりそうなのですよ。 いつか、写真を送りますね。  実は、あるところがおそろしくそっくりなんです。ムフフ。
2006/10/24(火) 18:20:36 | URL | Andy mama #-[ 編集]
体験より
水が、みな必ず溜まるとは限りません。
それぞれの犬の体質や傷の大きさ、術後の安静度に関係していると思います。

うちでもJordanの若いときの脂肪腫や中年で体側にできたものを取ったときには溜まらなかったと思います。少しは溜まったのかもしれないけど見ても分かりませんでした。大女将や、アニスの避妊手術でも水が溜まった記憶がありません。

うちで溜まった水を抜いたのは、大女将のそけい部にできた大きな脂肪腫を取ったときです。水が溜まるかもしれないから傷の一部を塞がないで空けて置くよう言われました。初めのうちはあまりたまらなかったので大したことないと思って傷が塞がるのを放置していたら、ちりも積もれば・・・で次第に総量が増え、結局病院にいってカッターで端を小さく切って出しました。手術による痛みがほとんどなくなって散歩を始めたことで、中の組織がすれたせいだろうとのことでした。水が溜まると分かった二回目の脂肪腫切除では端の一部を水抜きのため広めに縫い残してもらいました。

今回のジョーは、溜まるか溜まらないか分からないので、普通に縫いましたが、翌日皮膚の感じを見て少し溜まっていると分かったので、立った時に一番低い場所の縫い目をかるく引っ張って水抜き場所を確保しました。水は少しずつ減ってきているようです。小さい傷はもう付いてしまったようですが、空けている場所はもう少しそのままにしておきます。水を抜いたあとはスプレータイプの消毒液を吹き付けています。

うちは十年来一つの病院で診てもらっているので、他の獣医さんがどうなさっているのか分かりません。犬種によるということはないと思います。

随分前、馬の去勢処置を見せてもらったとき、産業動物はインノウを縫わないでそのままにすると聞きました。実際、中身を取り出したあと消毒してそのままでした。今思えば水がたまらないようにとのことだったのかもしれません。それでなにも問題なく治っていたようでした。
2006/10/23(月) 19:59:31 | URL | nanomai #kSi.wH62[ 編集]
良かったですね
カタマリの正体もわかり、手術も無事終わり、ジョーさんは相変わらずの男前で、本当に良かったですね。ところで、傷口に溜まる水ですが、皆、必ず溜まるものなのですか?  水について詳しく知りたいのですが、お手すきのときに教えてくださいませ。 実はアンディ君の中性化プロセスで、術後経過が良くなかったのです。(異常に思えるほど水が溜まり、苦心しました。) 次回、何かのオペが必要になったときのことを思うと、不安の種になりました。  傷口を一部あけておくというのも、初めて知ることなので、感心いたしました。 どの獣医さんも、どの犬種でもする処置ですか? 質問ばかりですみませんが、教えていただければ幸いです。
2006/10/23(月) 16:42:15 | URL | Andy mama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。