Becky's Cafe

Becky カフェにようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
天候不順や病気治療中の犬がいたりして一ヵ月半ぶりくらいに裏山に足を伸ばした。
久しぶりの裏山はあちこちで小動物の臭いがするらしく、連れ出した二頭がそろって足を止めては空気中の臭いをとっていた。


そしていつもチェックするポイントでついにタヌキをハント。
両者が同時に飛び込んだように見えたが、止めは師匠が刺したようで、Emmaは今回も勢子役だった。それで文句を言わないのは師匠を師匠と認めているからだろうね。
冬に備え脂肪を蓄えた野生動物は、小柄なタヌキといえど重く、師匠は300mほどタヌキを咥えて運んだがギブアップした(帰って量ったら四キロ近くあった)。仕方がないので母が残りを持ち帰ったが、重くて重くて五分毎に持ち手を変えて、休みながら運んだよ。
さてこのタヌキ、供養のために何かの役に立てるか、丁重に畑の隅に埋めてやるかしないとね。

注:続きにはタヌキの姿が見えますので気の弱い方は閲覧をご遠慮ください。
[Self hunt]の続きを読む
スポンサーサイト
Trackback [x]
Comment [x]
 
先日のおいちゃんはちょっとカッコ悪かったので、きょうはスロープの緩いところで遊んだ。(場所の選定は、そのときの水質や水面に浮かんだゴミの有無で決まる。)
Emmaには「座れ」というと次のコマンドがかかるまで動かないようしつけてきたが、Jordanは「座れ」と「待て」を言わねばならない。そのうえトレーニングをサボり続けてきたのでターゲットを投げたら気もそぞろ、勝手に体がずりずり動いてしまう。これからビシバシと鍛えねば。





Trackback [x]
Comment:0
 
ワシなあ、こっから飛び込むのはいやなんじゃ。
だって、もんてきたときこうなるもん…
(母が二度ほど首根っこをもって引っ張り上げましたらもう少し右から上がるようになりました)



Trackback [x]
Comment:0
 
首と上腕が短いとずっと思っていたが、これだとそうでもないね。上腕はもう少し欲しいけど、だんだん父親に似てきた気がするよ。


Trackback [x]
Comment:0
 
五十日掛けて行なった笹刈りの終了記念撮影にお姉さんが随行。
今は全体が枯葉色をしているがそのうち緑がぽつぽつ芽吹き、春には青々してくるんだよね~。
庭のバラたちの日照確保のため来春もがんばるべ。


Trackback [x]
Comment:0
 
襟巻き状の癖毛を直すべく風呂に入れたが、どうも、あれは皮膚のたるみによるもののようで、癖毛ではなさそうだ。したがって洗って梳かしても何も変わらなかった…
「だからワシがゆうたのに~」オトコマエが上がったからいいことにして。


Trackback [x]
Comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。