Becky's Cafe

Becky カフェにようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
JR駅まで朝夕誰かがお供するが、きょうはかふぃさんでした。
この寛ぎよう、見てください!(携帯による写真)


スポンサーサイト
Trackback [x]
Comment:0
 
Tシャツを脱いで一週間以上経つのに、首周りの、Tシャツを着ているときに付いた癖毛が直りません。やっぱりシャンプーしかない?
剃り跡は剛毛が生えてますます黒くなっています。パンチ痕も肉が盛り上がってきました。


Trackback [x]
Comment:0
 
今回の脂肪腫切除は、筋肉を切り開いての施術であったことから、長らく漿液が溜まりました。多いときには一日50cc近くもです。術後三週間あたりがピークだったように思います。
切開箇所は一週間できれいにつきましたが、排水のために開けていたところも二週間たつと塞がってしまいました。それで三週間目に仕方なく局部麻酔でパンチ処理し水を抜きました。しかし内膜が二重になっているので自宅でうまく絞れない。先生に教えてもらったカンシを使う方法を何度も試しましたがうまくいかなくて困りました。それでも四週目に入ると漿液の量が減ってきて、搾り出さなくてもなんとか吸収出来る状態になったと思います。よく似合っていた傷口保護のためのTシャツも完治と言うことで昨日の朝に脱がせました。母は一段落付いてほっとしています。


Trackback [x]
Comment:0
 
ケリーちゃん(Jordanの姉妹)が十一月十三日に西方浄土へ旅立ったと、連絡を貰いました。重度の貧血を起こし、真の原因は獣医師にも突き止められなかったとのこと。九歳二ヶ月の生涯でした。
両親、ご近所さん、大好きな近くのお姉ちゃんの見送りを受け荼毘にふされたそうです。今頃はもう天国の父、姉、親戚や、お友達と楽しく語らい、走り回っていることでしょう。ママに「親の死よりも辛い」と泣いてもらえるほど可愛がってもらい、幸せな九年間の犬生でした。本当にありがとうございました。
Trackback [x]
Comment:2
 
先日の姪っ子と同じ寝姿でも、こちらは迫力が違います。
若い頃硬いものを齧らせすぎて切歯までちびてしまいました。歯の減りに気づいて以来硬いものは与えていませんが、ちびた歯は元に戻らないよね、当たり前だけど。その反省を踏まえて管理したので、一緒に暮らす六歳の姪っ子も五歳のかふぃさんも、二歳のEmmaさんも、「皓歯」が自慢です。
そしてジョッツォ君は九歳でも顎の白髪、まだないのが自慢です。


Trackback [x]
Comment:0
 
裏の笹刈りに付きあわせたあと、母はPC、犬は傍でまったりうとうと。母と犬のシアワセな時間。


Trackback [x]
Comment:0
 
めったにない機会なので母も記念写真を撮りました~♪
「ヨメトオメカサノウチ」ってね(笑)。


Trackback [x]
Comment:0
 
帰省中のお姉ちゃんと件の岩に上りました。快晴で二十度を超し、犬には暑いくらいの上天気。始めは元気で走り回っていましたが此処につく頃にはペースダウンしてました。まだまだ犬を連れ出すときには気をつけてやらないとね。


Trackback [x]
Comment:0
 
剃った跡が隠れるように上手にポーズをとりました。さすが師匠だよ。





Trackback [x]
Comment:0
 
かふぃさんも降りていきました。



Trackback [x]
Comment:0
 
探し物を追って先に降りていきました。ススキが乾ききった色ですね~。


Trackback [x]
Comment:0
 
昨日夜残りを全て抜いて抜糸完了、傷口はきれいについている。水が少し溜まっているが一応完治。剃られた面積が狭いので座ったときに目立たない。ヨカッタネ。


Trackback [x]
Comment:0
 
ご近所さんのお葬式があり、講中で手伝いやら見送りやらして一日過ごした。
メンバーにベテラン婦長さん(外科)がいらっしゃるので、術後に水が溜まることについて聞いてみた。
例えば「脂肪腫なら、完全に取り切れず残っているところがあると水が溜まる、避妊去勢手術なら括りようが甘いと水が溜まる。」とのことだった。
なるほど、大女将の避妊手術で溜まらなかった理由が分かった。きちっと結束してもらったからだ。小さい脂肪腫で溜まらなかったのは、周りの膜ごと綺麗に取れていたからだ。
今回は筋肉の下で血管を巻き込んでいたからどうしても残ってしまったのだ。
昨日の午後水を搾り出して今朝もう一度とおもったら、もう傷口はふさがっていた。少し溜まっているのが見て分かるが、様子を見ることにする。少々の水ならそのうち吸収されるから。

*今日の記事は世間話の一つとしてアップしたので、獣医師さんや看護士さんで、もっと正確なメカニズムを教えてくださる方がいらしたら歓迎します。

メモ:昨日右の九針抜糸、真ん中の下三分の一抜糸
Trackback [x]
Comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。