Becky's Cafe

Becky カフェにようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
うちの子たちは日ごろ首が短いなあと思っているが、カメさんみたいに、伸ばそうと思ったら伸びるものらしい。


スポンサーサイト
Trackback [x]
Comment:0
 
母の日よけを被せてみたら、なんと似合うこと!



 
ふと気づいたら、Beckyのべろは色といい形といい、さくらの花びら。


Trackback [x]
Comment:0
 
そろそろシーズンが終わりそう。最後の請け荷かもしれない。
たくさん持ち帰ってくれたおかげで花壇の縁取りに活用でき、助かったよ。



Trackback [x]
Comment:0
 
牝二頭のヒート終了で、久々に若手四頭での散策に出た。ところが、いつもの原野で作業をしている。空模様も怪しいのでベーシックコースを回って終わりにした。四月初めは暑いくらいの陽気だったがここのところ強風や雨で気温が低い。犬たちにとってはおあつらえ向きの天候だったのにショートで残念だったね。
ルート上で蕨が出盛りを迎えていた。握りの開いていないものもあったがたいていのが開きかけている。昨日か一昨日だったら最高の状態だったのにな。最上級の蕨でないと満足できないから、摘まずに帰った。


Trackback [x]
Comment:0
 
もう六歳、まだ六歳・・・ともかくお誕生日おめでとう!


ヒート考:Beckyの最初のヒートは15ヶ月と遅かった。その後も10ヶ月おきと長い間隔で来ていた。ところが、生後10ヶ月で最初のヒートが来て、その後きっちり半年ごとに次のヒートが来るEmmaがやってきて以来、どういうわけかBeckyのヒートも連られて間隔が詰まってきた。今回六ヶ月間隔だ。かふぃだって生後十ヶ月の半年毎で同じ条件だったのに、こんなことは無かった。かふぃはライバルではなく、Emmaがライバルと言うことか。とても分かりやすい反応だ。
Trackback [x]
Comment:2
 
必要があって「左向きの立ち姿」を撮った。普段練習していないから、助手がいないと顔は下げるし足は動かすしでなかなかポーズが決まらない。苦労して何枚も撮ってこの程度。
これなら花見のときの楽しそうな写真のほうがマシかもしれない・・・。



牝たちの発情終了。まとめて来るから悩ましい期間は一ヶ月弱で済んだ。毎度ながら可哀想な気はするが、野生の群れではナンバーワンのみ交配し、以下は交配などさせてもらえない。nanomaiチームのボスは(一応)おと~さんなのだから、ジョーの野望は叶わないのだよ。素直にあきらめることだね。

Epson 870Cで印刷したら、「緑鮮やか~黒くっきり~」モニターで見る絵とは全く違うものだった・・・
Trackback [x]
Comment:0
 
いま同居の牝にヒートが来ている。おいちゃんは今回も出番が無く、拷問のような毎日を送っている。
あと二三日の辛抱だから。
あまりにひ~ひ~鳴くので「顎付け伏せ」で我慢!鼻周りではなく目にピントを合わせるべきだったね。


Trackback [x]
Comment:0
 
春の嵐にあって桜はすっかり散ってしまいました。


Trackback [x]
Comment:0
 
はるか下方に見える川沿いに小さく桜並木が見えました。



Trackback [x]
Comment:0
 
心配した雨もほとんど影響なく、八分から九分咲きになりました。


Trackback [x]
Comment:0
 
起きぬけの顔に赤茶色の目やにが酷く出ていた。↓
獣医師に診てもらうと「めいぼですねえ~、様子を見て再発するようなら切りましょう」とのことで、分泌物を徹底的に搾り出してぬぐい、軟膏をつけてもらった。かぴこはいろんなものが出る子だねえ。目の辺りをいじられるのにおとなしく立っていられたから母は感心したよ。



処方された点眼薬[Vetropolycin] 夕方確認してみると、病院で中身を出し切ってもらったせいか、もう粘液状の分泌物は無く、めいぼの場所も小さくなって分かりにくい状態だった。だがきっちり直したいので母も点眼した。

思い出したこと:先月かぴこが赤茶色の目やにをつけていたことがあった。一回きりだが、そのあたりからすでにめいぼが出来ていたのかもしれない。

Trackback [x]
Comment:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。