Becky's Cafe

Becky カフェにようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 

ふむふむ、オサカナのニオイだ。これで釣るのね。
日曜はおと~サンのおかげで一頭当たり三匹のフレッシュな小あじをナマでぱくっ、夕食のおじやでぱくっ、の幸せな日でした。
スポンサーサイト
Trackback [x]
Comment:0
 

きのうBeckyが写真を撮った場所に、きょうはCoffeeを誘導したところCoffeeもいい顔を見せてくれました♪
Trackback [x]
Comment:1
 
雑木林を抜けた先は若い桧が植林してある開けた場所。午後遅くだったので陽が当たり柔らかな雰囲気のいい場所になっています。ここに一頭だけで左を向いた姿を撮りたいと思いつつ、なかなかいい場所に立ち止まってくれません。
Trackback [x]
Comment:0
 
Emmaがダッシュして行きましたが、先輩たちは動きません。たいした臭跡ではなかったようです。Beckyがよい姿勢で成り行きを見守っていました。
Trackback [x]
Comment:0
 
手前の赤は「ハゼ」、小さくて見えませんが、サンキライとガマズミの赤も目を引きます。雨上がりで赤がいっそう鮮やかでした。申し訳程度にCoffeeの後姿がはいっています。
Trackback [x]
Comment:0
 

きょうは仕事をしないと決めているのか、手ごろな荷物がなかったのか、Jordan運輸は休息日でした。
Trackback [x]
Comment:0
 

先週長老がのぼって記念写真を撮った場所に、きょうはBeckyを誘導しました。見晴らしがいいので彼女もいい顔を見せてくれました。逆光だったのでハレーションがすこし。
Trackback [x]
Comment:0
 

二個目の肉芽が、唇と皮膚の境目にできました。動物病院に行ったところタイミングよく患蓄の切れ目で、「朝から何も食べていないなら、いま切除できますよ。」といわれ、速攻でレーザーメスによる切除を受けました。目立たない場所だし二針縫っただけなので、目立つ傷にはならないはすです。Coffeeさん、女の子なのに顔に二つも傷を作ってしまったわね。
 

昨日の画像からのトリはもちろんこれ。季節柄裏山に行くと常に何かを運んでいます。この受荷は5キロオーバーの重いもの。あまり長く運ばせると顎がしびれるだろうと、10分くらいで取り上げ、土手に立てかけました。母が荷を取り上げて立てかけると運搬終了だというのが分かったようです。未練を残さず次の行動に移りました。
Trackback [x]
Comment:0
 
昨日の画像から。母の投げた小枝をダッシュで拾いに行ったものたちを冷ややかに観察。どうせたいした「ブツ」じゃないのに…って思っているのかもしれません。
Trackback [x]
Comment:0
 

昨日の画像から。身軽な二頭は先に様子を見に行きましたが、慎重派は様子伺いです。ハンドラーの指示に従うのが正しい行動なので、キミたちの態度、合格ね。
Trackback [x]
Comment:0
 

振り返ると細道を一列になってついてきていました。先頭から、Jordan、Emma、Becky、Wendy、Coffee。
Trackback [x]
Comment:0
 

久々の母と息子のツーショットです。
Trackback [x]
Comment:0
 

木漏れ日がBeckyのコートを輝かせています。冬毛が伸び始め、毛に艶が戻ってきました。つやつやの黒いコートはとてもステキです。このコートがあるからフラットコートのファンシャーはこの犬種に深入りして離れられなくなるのよ。
Trackback [x]
Comment:0
 

ふさふさの尻尾と立派なおヒップをお披露目しま~す。
Trackback [x]
Comment:0
 
Beckyのチェックが甘いと見たCoffeeさん、きっちり指導。
「あんたの順位は一番下だってことを忘れないように!」
なんだかCoffeeが中間管理職のようにも見える…





Trackback [x]
Comment:0
 

最近牝たちの間の力関係に変化が見られる。
Beckyの母AniseがいたころはBeckyとAniceでCoffeeを囲んでいたが、いまはBeckyをCoffeeとEmmaが囲む。
BeckyとCoffeeは一歳しか違わないライバルで、避妊処置がCoffeeの順位闘争に影響を与えることは無く、つねにBeckyと張り合っている。そこに能天気なEmmaが割り込むカタチだ。
BeckyはEmmaに甘く、Emmaがマウントしてもすぐには振り払わないが、それがCoffeeだと前足を背中に乗せる行為さえ許せないようだ。(これはよくある年の近い兄弟で、すぐ上や下の子とは厳しい関係だが、二つ上や下の子とは仲がいい人間の兄弟関係に似ている)
CoffeeもEmmaをお子ちゃまと見ていたのでこの間まで好きにさせていたが、二度のシーズンを経たいま、オトナと認めたのかEmmaにもきつい教育的指導をするようになった。だからこの三頭間の関係はいま、いわゆる「三つ巴」状態だ。
この三頭が怪我をせずお互いに張りありながらも平穏に暮らすようコントロールするのがオーナーに課された当面の課題である。
[Sociometric states]の続きを読む
Trackback [x]
Comment:0
 
母の大好きな「ノブドウ」が青から紫の綺麗な実をつけていました。散策復帰祝いに記念撮影です。また道に沿って咲いている「ノコンギク」があまりにも綺麗だったのでぱちり。右下にBeckyがちょこんと顔を覗かせていました♪Beckyはお花が似合うのよね。



[Wild Grape and Flowers]の続きを読む
Trackback [x]
Comment:0
 
斜面の上に小枝を投げ、取って来る競争です。珍しくCoffeeが獲得し、一番に降りてきました。スタートダッシュが決めてだったようですね。





Trackback [x]
Comment:0
 

定番の丸太運び中。今日はさらに丸太ジャンプまでこなします!
ただこの丸太運びは散策の初めのほうだった為、本人の陳情により、裏山に残してきました。二時間もは咥えてられないそうで…次回同じ道を通ったらこの続きをやるそうです。
[Field Athlete]の続きを読む
Trackback [x]
Comment:0
 

顔をあわせるたんびに絡まれたり乗られたり、ユウウツだね。それもあと三日くらいの辛抱よ。
それにしてもこのちびっ子のしつこいことったら。先日までの憂さを晴らしているのかしら…女の子なのに。
Trackback [x]
Comment:0
 

ふさふさのおもちゃはみんな大好き。とくにCoffeeがこれに執着する。買った時はスポンジボールに尾っぽがついたカタチで、全体がフェイクファーに覆われていた。犬が齧ってボール部分は取れたが、まだまだ楽しんで遊ぶ。
Trackback [x]
Comment:0
 

そこのお嬢さん、ボクとお茶しませんか?
Trackback [x]
Comment:1
 

最近、姪っ子の態度がでかい。普段温和なCoffeeさんがついに教育的指導をするようになった。
Coffeeが指導してくれるからEmmaがいい子に育つのよ、ありがとね。
Trackback [x]
Comment:0
 

散策途中、走っている写真を撮る為に小石を投げると、誰かが必ずとりに行く。その子がしばらく口の中で転がし、吐き出すと、待ち構えていた次の子がすかさず咥える。ありふれた小石なのに、どこがそんなにいいのだろう。隣の芝生は青いという諺そのままだね。
Trackback [x]
Comment:0
 

道を丸太がふさいでいると、ジャンプ姿を撮るチャンス。小石や棒切れを向こうに投げたり、向こうにいるのを呼び戻したりして、何往復もさせて撮った。Coffeeさんのジャンプはガタイがいいから豪快に見えるね。
Trackback [x]
Comment:0
 

散策に出て、いつもの場所で撮りはじめたら電池切れのマーク点灯!仕方が無いので二頭を栗の木につなぎ、いそいで帰って交換してきた。待っている間、鳴きもせず穴も掘らず、鷹揚に構えて、とってもいい子にしていたようだ。さすがベテラン、だてに歳をとっていないね。
Trackback [x]
Comment:0
 

道端に転がっている太い丸太に乗せてみた。気軽に乗り降りし、方向転換もなんとかこなす。Jordanって結構器用だねぇ。
Trackback [x]
Comment:0
 

もうい~くつ寝たらみんなと遊べるのかしら。ちびっ子とばかり遊ぶの、あきちゃった。
そうねえ、あと一週間くらいの辛抱かな。
Trackback [x]
Comment:0
 

師匠は弟子が付いてこなかったので面白くなかったかもしれませんが、日ごろのガマンを重ねることによる鬱憤を晴らすかのように、匂いをかいでは走っていました。残念ながらきょうはヤマドリもコジュケイもイノシシもいませんでした。でも小鳥たちはさかんにさえずっていましたよ。
↓作業道から見た地元の小学校です。

Trackback [x]
Comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。