Becky's Cafe

Becky カフェにようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
春先に体調を崩したことが二三回あったが、何とか凌いできた。ところが五月中旬から往復二キロのルーティン散歩を拒否するようになった。様子見を一週間続けたが、改善が見られないので、原因を特定すべく五月二十三日に獣医師の診察を受け、レントゲン写真から「変形性脊椎症」と診断された。レントゲンに写っていた脊椎は、どれもが酷く変形していた。これまでに症状が出なかったのが不思議なくらいだった。

処方されたプレロン錠の投薬(一日三錠)が功を奏し、毎日散歩できるいつもの生活が戻ってきた。順調な推移に長期戦を見据えて、五月末には三日に一回三錠に投薬量を減らした。さらに六月末には三日に一回一錠半に減らした。しかしそれでは少なかったようで、間もなく症状が戻ってきた。先生に相談して七月二十三日には元通り一日三錠に。七月三十日には発注した車いすも届いて、もう一度観音水まで散歩に行けるようになった。散歩中におやつとしてセミを食べるのを楽しみに観音水往復する日が続いたが、薬が効力を失い痛みが戻ってきたのか散歩を拒否し始めたため、八月十四日を最後に観音水往復を止めた。

お盆前から食欲が失せ、食欲の塊だった子が食餌に関心を示さなくなった。興味をそそるものを与えたとき、一度は口に入れたが間もなく吐いた。それ以降水分摂取のみで、初診時25キロあった体重が、最後には20キロをを切っていたと思う、随分軽くなった。コートリッチなので、ガリガリに痩せても外観上分らないのは有難かった。

最後の数日は、日に五回介助して用足しと水飲み、それ以外は横になったまま静かに一日を過ごした。誕生日まであと数日というところまで来て、誕生日まで頑張らせるという選択肢もあったが、QOLを保てない辛い状態を長引かせることは私たちの本意ではなく、水も満足に飲めなくなった時点で永眠させることを決断した。

痛みに強いのか、痺れだけで痛みは少ないのか、本当のところは言葉に表してくれないので判らないが、痛いと声を上げることはなく、ただただ立ち止まって、動けなかった。最後の最後まで一生懸命生きたかふぃ、安らかに。

添付は8月14日夕方の散歩前に孫と記念撮影をしたときのもの。かふぃはいつも笑顔だった。
s-IMG_6223a.jpg
スポンサーサイト
Trackback [x]
Comment:0
 
同じような写真ばかりだが、動かないで涼んでいるので仕方ない。
s-IMG_6243a.jpg
s-IMG_6244a.jpg
s-IMG_6246a.jpg
s-IMG_6247a.jpg
s-IMG_6248a.jpg
s-IMG_6253a.jpg
Trackback [x]
Comment:0
 
後肢が不自由になってきたので、車椅子を発注した。月曜の朝一で計測して発注、水曜の午後の便で届いた。HPには三日ほどかかるとあったので早くても明日と思っていたから、早く届いて非常にありがたい。
夕方になって、排せつを済ませた後、ベルト類を調整して試乗し、思い切って観音水まで往復。いつもなら帰りは農道を通るが、傾斜が道路よりきついので、車椅子のときは道路を往復することになる。行きは上りで、少しだけ車椅子を引いてやったが、帰りはスイスイ。一週間ぶりに外歩きを楽しんだことと思う。筋肉が落ちないようこれから毎日散歩に連れ出す。

車椅子生活四日目には排泄も完璧にクリア。
筋力が戻ってきたので、六日目には郵便局往復(標高差45m片道距離1.1㎞)クリア

s-IMG_6148a.jpg
s-IMG_6156a.jpg
s-IMG_6158a.jpg
Trackback [x]
Comment:0
 
9月28日午後、かふぃの声がかれているのに気づいた。吼えるが声が出ない。夕方の散歩も心なしか大人しい。しかし食欲はあるし熱も無い。喉が詰まった風でもなく、どこを触っても嫌がらない。ネットで調べて、もしかしたら気候の変化による風邪かもしれないと思った。
9月29日、昨日より声は出ているがかすれたまま。その他の体調は前日と変わらず。
9月30日、思いついて有毒植物について調べてみた。

かふぃの係留場所近くに「ジャスミナム・ステファネンセ」が植えてある。いつもは短めに係留しているのでツルに口が届くことは無い。しかし親心を起こして28日は長めに係留した。そしてちぎれたツルがいくつか散乱していた。

モクセイ科ソケイ属のジャスミナムに毒性があると書いた資料(http://noncomposmentis.blog36.fc2.com/blog-date-201110.html)もあり、<毒があるのは根で、成分はよくわからないが中枢神経に対する麻酔作用がある>らしい。
一方よく似てはいるが「科」の違う、キンポウゲ科センニンソウ属のツル植物「ボタンヅル」(http://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_poisoning/plants/c.apiifolia.html)を調べると、これには<Clematis属植物にも配糖体ラヌンクリン(ranunculin)が含まれており、葉をすりつぶしたりすることにより加水分解され、プロトアネモニン(protoanemonin)を生じ、これが毒性を示します。>とあった。中毒を起こした場合はウマノアシガタ(http://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_poisoning/plants/buttercup.html)と同様の中毒症状を起こすとある。つまり:
<「家畜有毒植物学」によれば、皮膚および粘膜への刺激が強く、主症状は口内の腫脹、胃腸炎、胃疝痛、下痢などです。さらに重症の場合。黒色敗臭便あるいは血便を排泄し、嘔吐、神経症状、呼吸緩除、瞳孔散大を経て死に至ることもあります。>

ということから考えられるのは、ジャスミナムのツルを齧ったために口腔内に何らかの変化が起きて声がかれた?とすれば毒物が代謝され体内から出て行くまで声のかすれは続くのか。そもそも有毒成分は代謝して出て行くのか。
それとも有毒植物は関係なく、気候の変化による風邪で、体調が戻ればかすれは治るのか。
とにかく当犬は元気なので、当分の間細かく体調を観察するのみになる。

参考:http://noncomposmentis.blog36.fc2.com/blog-category-3.html
http://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_poisoning/plants/contents.html
Trackback [x]
Comment [x]
 
ゴーヤを好んで食べるFCRがいると聞いていたので、貰ったゴーヤを試しに与えてみました。キュウリのように綺麗に食べつくすことはしませんでしたが、大半が胃袋に治まりました。ゴーヤのビタミンで治癒促進が期待できるかも。

s-IMGP4485a.jpg
Trackback [x]
Comment:2
 
月曜日はBeckyをつれて松山まで片道83キロを走ったばかりだが、火曜日にはCoffeeをつれて宇和島まで片道30キロを走ることになった。
原因は腰に出来た穴。皮下に膿瘍ができ、それが皮膚表面にでたせいで出来たようだ。膿瘍の原因が何かはわからないが、放置しておいてもいずれは破れて出てきただろう。19日に毛玉とりでコーミングしたとき、知らずに表皮に出来た薄い部分を傷つけ、そのせいで月曜に滲出してコートにヨレができて気がついた。穴は二つあったが中で繋がっていて、中身は出てしまったようだ。生理食塩水で嫌いに洗ってもらい抗生物質を一週間処方された。
Coffeeは食に貪欲なので、Beckyのように投薬に困ることは無い。朝夕一週間、少しだけおいしい物をトッピングしてあげよう。
Trackback [x]
Comment:2
 
本日めでたく「かふぃ」が11歳の誕生日を迎えました。お祝いは「メジカ」ご飯です。頭のついた半身と野菜のおじやに我を忘れて一気食いしました。
兄弟姉妹たちはみな虹の橋を渡ってしまい、唯一頭の生き残りです。どこまで記録を伸ばせるか判りませんが、このラインなりの長寿を目指します。
Trackback [x]
Comment:2
 
きょうはかふぃとEMMAの花見記念写真を撮りました。花見客が多かったので気を遣いながらでした。
s-IMG_1217a.jpg
s-IMG_1234a.jpg
s-IMG_1235a.jpg
s-IMG_1228a.jpg
s-IMG_1230a.jpg
s-IMG_1232.jpg
Trackback [x]
Comment:0
 
八月二十日、かふぃがめでたく十歳の誕生日を迎えました。

誕生日前後は少しマシでしたが、以降も暑い毎日が続きます。午後には近くの小川に繰り出して水遊びが夏の日課。自発的にバケツをひっくり返して涼をとったりもします。暑くても食欲は衰えずマイペースで年をとっています。

sIMG_0269.jpg
Trackback [x]
Comment:2
 
sIMG_8908.jpg
sIMG_8903.jpg
sIMG_8905.jpg
sIMG_8906.jpg
sIMG_8912a.jpg
sIMG_8915a.jpg
sIMG_8918z.jpg
sIMG_8925z.jpg
sIMG_8914az.jpg
Trackback [x]
Comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。