Becky's Cafe

Becky カフェにようこそ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
Beckyの姉妹、うらんも10月28日に旅立ったと連絡がありました。
実際にはサラよりうらんが先だったのね。
うらんちゃん、先に逝ったみんなに宜しくね。
Beckyはもう少し、こっちの生活を楽しみます。
スポンサーサイト
Trackback [x]
Comment:0
 
今朝DICKが旅立ったとの連絡を受けた。
満十歳一ヶ月と三日。
数ヶ月前から闘病中との連絡を受けていたが、とうとうその日が来た。オーナーさんが気づかないほど安らかな最期だったとのこと。
弟が若死したので一頭だけの「牡」として兄弟姉妹を引っ張ってきた。娘さんにお子さんが出来たときには保父として相手をし、パパさんがペットシッターを始めた際には助手を務めていたらしい。世界遺産の姫路城によく散歩に行っていた。咲き誇る牡丹の花の前で撮った写真が印象に残る。幸せな生涯だったと思う。
今まで可愛がってくださって、本当にありがとうございました。
Trackback [x]
Comment:0
 
Tシャツを着せて首輪をつけると、間の皮膚が盛り上がって襟巻きになる!
に~さん、毛がふさふさの豪華な襟巻きだねえ~♪



Trackback [x]
Comment:0
 
ウチの看板犬JORDANが満九歳の誕生日を迎えた。
人間で言うところの五十五歳くらいか。
いつまでも元気で気の若いヤツ。白髪が全くないので、ちょっと見たくらいではそんな年齢には見えない。このままであと十年過ごしたいよ。

目立つカラーにしたのは裏山でイノシシに間違われないため。


Trackback [x]
Comment:6
 
勝手に車に乗ったまま降りてこようとしない。遠雷が聞こえるからギブアップは時間のモンダイだけどね。
最近他の犬の治療でよく出かけているから、かふぃも同じように構って欲しいのか、それとも単に風通しがよくてクッションが効いて居心地がいいからか、はたまた第三の反抗期か・・・乙女心は謎だ。

しばらくしたら諦めたようで室内に戻り、安全なバリケンに避難させられました。



Trackback [x]
Comment:0
 
かぴこも花見を楽しんできました。


 
昨日のタヌキ、やはり傷を負っていて、遠くまで逃げることが出来ずにうちの庭の隅に隠れていたようです。用足しに出た犬が気づき、チェックしました。でも昨日のような興奮はありません。静かに臭いをかいでこれが何かを確かめたら終わりです。このタヌキには可哀想なことをしたので畑の隅に埋葬して手厚く弔ってやります。


[手負いのタヌキ]の続きを読む
Trackback [x]
Comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。